予約をした高速バスの利用方法をご説明します

高速バス.com

高速バスを利用する際の注意点まとめ

旅行の場合は予約で計画的に!

高速バスは当日に乗車券を購入することが可能ですが、事前に予約をすることによって乗りたい時間に乗車することができます。当日乗車券を購入した場合には、到着時間が遅れてしまう可能性があるので注意しましょう。

乗降するバス停を確認しましょう

高速バスの乗降場所は事前に確認しておきましょう。特に旅行先の場合、乗降場所を探して道に迷う可能性があり、出発時刻に遅れてしまうことも少なくありません。

荷物についての注意

乗車する際には、大きい荷物はバスのトランクに入れてもらいましょう。また、手荷物はなるべく一つにして、社内に複数持ち込むことはやめましょう。また精密機械はトランクに入れると故障する危険があるので、注意しましょう。

乗車券は無くさないように

バスから降りる時に、運転者に乗車券を渡す場合があります。乗車券を紛失する場合も多くありますので、降りる時までは乗車券を無くさないように注意しましょう。

バス内でのマナーについて

バス内では基本的に携帯電話で通話をすることが禁止されています。また、リクライニングシートを利用する場合には後ろの方を配慮して、倒し過ぎないようにすると良いでしょう。

高速バスの利用方法

高速バスを初めて利用する方へのポイント

高速バスでは運行の時間や区間によっての運賃が細かく設定されています。また、乗車場所は指定されたバス停となります。バスの前と後ろ、そして側面(乗車口付近)に行き先が表示されますので、よく確認することが必要です。

乗車券の購入について

乗車券の購入は、予約と当日の購入ができる場合があります。予約をすることによって乗りたい時間に確実に乗車することが可能で、当日に発券する手間をはぶくこともできます。

乗車方法と注意点

発車する時間の10分前までに指定されたバス停に着いておきましょう。その際大きい荷物はバスのトランクスペースに入れることになります。乗車する際に乗車券を見せましょう。車内に沢山荷物を持ち込むことはやめましょう。

バスを降りる際の注意点

目的地が近づきますと、社内の案内板やアナウンスで停留所の案内の説明があります。目的地が近づいた場合、必要があれば降車ボタンを押します。場合によって乗車券を運転手に渡す場合がありますので、無くさないようにしましょう。