高速バスの安全対策について|予約をする前に確認しよう

高速バス.com

高速バスの安全対策について

高速バスを管理・監視する取り組み

高速バスでは運行を管理している方がいる場合が多くあります。道路状況や路線の状況を把握し、問題があった場合に対応しています。さらに深夜に運行している場合にはバスの運転者に電話連絡を行うなどをし、居眠りによる事故を防いでいます。

運転者の健康状態の把握

バスの運転者が出勤した際には、アルコールの検査をすることが一般的です。健康状態などの項目を確認したのちに仕事を開始します。運転する前に管理者が道路の状況を伝えるなどして、安全対策を行います。

衝突防止の対策がされている

近年では衝突防止の装置が備わった高速バスも多くなってきています。前方を走る車への衝突防止はもちろん、道路上のセンターラインをセンサーが読み取り、運転に異常がある場合に備えています。

定期的に車両の整備がされている

高速バスの車両を定期的な整備を行い、整備工場とバス営業所の間で適正な検査が行われたという確認がとられます。簡単な点検は日々行い、車両に異常がないかをチェックしています。

しっかりと安全対策がされているか確認を

高速バスの予約を取る際には、上記のような安全対策がしっかり行われているかどうかの確認をしましょう。バス会社によって安全対策の紹介をホームページ上に記載している事もあります。説明が無い場合には、電話で問い合わせしても良いでしょう。